無料メール講座『貴方の人生を自由にする8つのステップ』

意識の覚醒が人生をしがらみから解放します。
8日間で貴方の人生を豊かで愛情溢れる人生へと、力強く援助する無料メール講座です。

↓ご購読はこちらから↓
メルマガバナー

ブログランキングに参加しております。

このサイトを応援して下さる方は、次の二つの画像をクリックお願い致します。

  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

ストレスチェック義務化の背景6(成果主義の功罪)

ここまでストレスチェックが法的に義務化されるようになった社会的背景について、連日投稿させていただいておりますが、今回は前回書いた「成果主義とは」の続編です。

前回、簡単に成果主義とは何なのかについて書かせていただいたわけですが、今回はこれがどのように人間関係上のストレスの要因となっているのか、人間関係を扱う心理カウンセラーという立場からコメントさせていただこうと思います。

成果主義による人間関係の悪習慣


前回書いたように、成果主義はもちろん必ずしも悪いものではなく、やれば報われるという社会形成に役立った側面が大いにありますから、そこのところは先にお伝えしておきます。

また、今から私が書く成果主義による悪習慣は、あくまで短期的な成果主義ばかりを取り入れている企業について言っているものであり、長期的な視点に立ち、社員全体の心理まで考えて経営されている企業は該当しませんので、そのようにご認識いただけましたらと思います。

成果にならないものはやらない


短期的成果主義の最大の問題点は成果にならないものはやらないという考え方です。

給与も待遇も、また周囲からのコミュニケーションも、短期的な成果によって上下してしまう社風では、今すぐに結果が出るものにばかり目がいきます。

そのため、軽視されがちになるのが、長い目で見ないと成果がわからない人間関係の豊かさの形成です。

そもそも人と人が繋がるのは本当に素晴らしいことですが、すぐにでも成果を出さないといけない環境において、周囲の人間を気遣うことは無駄なことです。

能力のある社員は、自分が教えないといけないような人たちとは距離を置きたがり、結果をなかなか出せない人は、誰にも頼れない環境で孤独にもがき続けます。

新入社員教育の軽視


そんな状況で一番軽視されるのが新入社員教育です。

新卒の新入社員は、社会人としての常識もまだ育ってませんから、即結果を出すことはもちろん難しい存在です。

しかし、短期的成果主義の世界では、この人達を時間をかけて育てることはできません。

営業など、いきなり短時間の研修をしたらすぐにでもトークスクリプトを渡されて、一人で外回りにいかされたり、電話営業が始まったりします。

そこで運良く結果を出せた人は良いですが、出せない人は余裕をもって育ててくれる人が居ませんから、放っておかれて焦りが強まり、余計に孤立化していきます。

企業は即戦力になる人を重視し、時間のかかる大器晩成型の人間は排除される方向です。

近年、新入社員の離職率が問題視されてきていますが、こういったことにも短期的成果主義を求める社会的背景が関係しているのです。

次回は成果主義は集団心理をどう変化させたのかについて書かせていただきます。


★ 「ストレスチェック」についてのその他のコラムはこちらをご覧下さい

★ 「ストレスの歴史」に関するコラムはこちらをご覧下さい

★ ストレスによる症状全般についてのコラムはこちらをご覧下さい

★ そもそもストレスって何?

★ 筆者 上野大照って?

★ 心理カウンセラー上野大照の最新コラムは、メルマガにてお受取り下さい。



心匠 上野大照が心魂込めて書き上げた、8日間で貴方の人生を豊かで
愛情溢れる人生へと、力強く援助する無料メール講座です。

↓ご購読はこちらから↓

メルマガイメージ

ブログランキングに参加しております。

このサイトを応援して下さる方は、次の二つの画像をクリックお願い致します。

  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

コメントを残す