無料メール講座『貴方の人生を自由にする8つのステップ』

意識の覚醒が人生をしがらみから解放します。
8日間で貴方の人生を豊かで愛情溢れる人生へと、力強く援助する無料メール講座です。

↓ご購読はこちらから↓
メルマガバナー

ブログランキングに参加しております。

このサイトを応援して下さる方は、次の二つの画像をクリックお願い致します。

  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

ストレスフリーで生産性もあげる労働環境4「会議の在り方」

、継続的な売上増加に成功したドトールのフランチャイズ経営者について書かせていただきました。

彼女がやったことは何だったのでしょうか。

それは今までやったことのない会議の形でした。

今回はその会議法に隠れていた素晴らしい価値について書かせていただきます。

生産性を上げる会議


彼女の行った会議にはいくつもの大切な要素が隠れていました。

順番にご紹介させていただきます。

一人ひとりに発言権がある


よく、会社で行われる会議と言えば、現状報告があり、上司からの指示や目標についての強制的コメントをさせるなど、あまり心理的に好ましくないものが行われていることを見聞きします。

しかし、彼女が行った会議はまるで会議とは言えない、スタッフへの相談というスタイルでした。

困っているから集まって話を聞いて欲しいというものです。

そこで彼女は自分の悩みをスタッフに聞いてもらうわけですから、もちろん誰の発言も止めません。

逆に何か言ってくれたら喜んで感謝するわけです。

そして一見非生産的に思えるようなアイデアでも、それを出してくれた人には「言ってくれて嬉しい!」と伝えていました。

経営者がそう言っていますので、他のスタッフはそれを止めることもできません。

何を言っても(やっても)良いという思考的自由さ


つまりそこでは、何を言っても良いというコメントの自由さが与えられていました。

新しいアイデアを出していくときに、この思考的な自由さは絶対条件です。

発言について制約を感じている環境においては、正しい答えを探すことに必死になり、クリエイティブなアイデアが出てくることはありません。

皆が、一人ひとりが何かコメントすることを大切にする空気になったわけです。

何を言っても良いから何か出していき、それを一つずつ丁寧に認めていく会議法をブレーンストーミングと言います。

ブレーンとは脳のこと。

ストーミングとは暴風雨ですから、アイデアの嵐を呼ぶ会議法ということになりますね。

社員にとってのやりがいあるチャレンジが含まれている


以前から書かせていただいている通り、ストレスは単に労働量が多いからとか、時間が長いからという単純な理由で増えるわけではありません。

ドトールのスタッフ達は、自分の時給にならない時間でも、自分たちの店がどうやったら売上を上げることができるのか、常に考えるようになりました。

そしてお客様に喜んでもらうには何が必要なのかと、スタッフとしての在り方に自分で責任を持つようになっていったのです。

それはこの会議で行われた挑戦すれば手に入るかもしれないという適度なストレスが関係しています。

人はストレスが問題なのではなく、幸福度が上がる期待が持てるチャレンジとなれば、その作業はやりがいとなり、心身が健全化するのです。

共に動くという魅力「真のミッションステートメント」


ここまでの話は個人の生産性を意味していましたが、そういった個人の意識変化が集団に何をもたらしたのかがとても重要です。

それは、皆が同じ目標に向かって進むという連帯意識の創出だったのです。

人間は集団心理の影響を大きく受けます。

創造性を発揮することが一人だけでなく、皆に認められた場合、それぞれがドンドンそれをエスカレートするように引き金を引き合います。

それが好循環となるのです。

それを生むのが、企業のミッションステートメントですが、今回の事例の場合、企業の社会的な意味などはなかったと思います。

スタッフ達は、無意識のうちに社長をもっと楽にしてあげたいという意識や、全員で給料を上げようということだったり、共に笑い合える職場にしようとしたりという単純なものです。

しかし、近年では、こういったシンプルな職場意識が、経営理論において逆に見直され始めています。

私の尊敬する人事評価制度のコンサルタントである生きがいラボ代表取締役の福留幸輔氏はこう言います。

「企業の目的は社員が幸福になることです!」

経営においては絵に書いた餅のような、企業の社会的価値をミッションステートメントとして振りかざそうとする理論をよく目にします。

しかし、こういった企業意識は、まさに働くということの本質をつく、素晴らしいシンプルな理論だと思うのです。

それが明示的でも、無意識的でも構いませんが、皆が一つになれる真のミッションステートメントが、企業内に生まれたとき、チームとしての高い生産性が好循環の中で生まれ始めるのだと私は思っています。

次回は、ストレスについて、ストレスが生まれてから対処するという治療的な考え方から、意識転換を図ったストレス心理学者であるラザルスについて取り上げさせていただこうと思います。



心匠 上野大照が心魂込めて書き上げた、8日間で貴方の人生を豊かで
愛情溢れる人生へと、力強く援助する無料メール講座です。

↓ご購読はこちらから↓

メルマガイメージ

ブログランキングに参加しております。

このサイトを応援して下さる方は、次の二つの画像をクリックお願い致します。

  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

コメントを残す