無料メール講座『貴方の人生を自由にする8つのステップ』

意識の覚醒が人生をしがらみから解放します。
8日間で貴方の人生を豊かで愛情溢れる人生へと、力強く援助する無料メール講座です。

↓ご購読はこちらから↓
メルマガバナー

ブログランキングに参加しております。

このサイトを応援して下さる方は、次の二つの画像をクリックお願い致します。

  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

ストレス解消法 運動の価値

運動の価値

前回までのダンスによるストレスフリー(ストレスから解放された状態)獲得方法の中で扱った、身体を動かす(動作)についての心理学的な価値についてコメントさせていただこうと思います。

心は脳による影響を受けている


そもそもは何によって生まれているのでしょうか。

人間は主に五感という感覚器官を通じ、外部からの情報(差異)を取り入れ、過去の記憶と照合し、脳内にイメージや音として再現することによって現実を認識しています。

そして脳は私たちが意識できる遥かに多くのことを無意識的に感知・計算し続けており、それが結果として心(意識できるもの)を浮かび上がらせています。

その意味で、心は大いに脳の影響を受けており、脳は身体の一部である以上、身体との関係を切り離すことはできません。

脳科学の間違い-脳は動きを動作に学んでいる-


私が一部学ばせていただいた臨床動作法という日本生まれの臨床心理学では、脳細胞が死滅していても、その部分が本来果たすべき動作が復活することが証明されています。

例えば、右足の動きを司る脳細胞部分が死滅しても、何故かその動作を身体に教えることによって、自らの医師で右足が動くことがあるということです。

この事実によって明らかとなったのが、脳は動作の影響を受けて変化しており、脳の状態が身体に起こることを限界づけているという従来の脳科学は否定されたことになります。

また、この方法によって、外科的な治療が必要だと言われていた五十肩が瞬時に改善されたことを私は目撃しています。

運動は心に新しい刺激を与え続ける


つまり、運動は筋肉や神経組織などを通じて脳へと情報を送り、それが結果として心理面に影響を与えるという現象を引き起こすことになります。

最近の認知心理学では、認知とは固定的なものではなく、常に周囲の環境変化によって違う印象を持つものであるという見解が重視されてきており、身体の動きを止めながら悩む方が、運動している状態よりも悩みが深いことも証明されてきております。

次回は運動が与えるストレス解消の実際的価値をもう少し書かせていただこうと思います。



心匠 上野大照が心魂込めて書き上げた、8日間で貴方の人生を豊かで
愛情溢れる人生へと、力強く援助する無料メール講座です。

↓ご購読はこちらから↓

メルマガイメージ

ブログランキングに参加しております。

このサイトを応援して下さる方は、次の二つの画像をクリックお願い致します。

  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

コメントを残す