無料メール講座『貴方の人生を自由にする8つのステップ』

意識の覚醒が人生をしがらみから解放します。
8日間で貴方の人生を豊かで愛情溢れる人生へと、力強く援助する無料メール講座です。

↓ご購読はこちらから↓
メルマガバナー

ブログランキングに参加しております。

このサイトを応援して下さる方は、次の二つの画像をクリックお願い致します。

  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

ストレス解消法 運動の効果1「視点拡張」

ストレス解消を目的に運動をすることは、何にどれくらいの効果が認められるのか、身体科学的に、そして心理学的に書いてみようと思います。

ストレスが溜まる理由は運動不足にある?


日々の健康管理を重視し、広報を続けている日本成人病予防協会などでは、ストレスが溜まる理由として、運動不足を大きく訴えています。

私たちはよく、頭を悩ませる事柄ストレスを増大させると思いがちですが、事柄が増えたとしても、それを受け取る心身の状況に耐性があれば、あまりストレスを増大させるわけではないことを、以前のラザルスのストレス理論で、書かせていただきました。

人間は、身体を動かして何かを手に入れてきた数万年という大きな時間から、ここ数十年で、知的活動によって経済性や食物などを得るように変化してきています。

そう考えると、もし人類が徐々にその方向への進化を遂げることがあるとしても、それはまた何千年もかかるわけです。

現代の人間はそういった時代変化の過渡期を生きていますから、身体を大いに使うシステムを持ちつつ、頭ばかりをよく使って生きていくというジレンマが生まれているのかもしれません。

そしてイライラしやすいとか、すぐに落ち込むなどの状態はストレスを発生させる事柄があるからだと思っていたとしても、同協会では、運動不足さえ解消すれば、ストレスも同時に解消できることが多いと言われています。

心理学的に見た運動の効果


それでは、運動が心理学的に見て、どんな効果があるのでしょうか。

視点拡張


ストレスが増大していく心理学的な仕組みとして、一つの物事に集中することによって、その悩みが余計に大きくなっていくという要素があります。

運動は、悩むときには認知しにくい身体の感覚に焦点が移りますから、それだけでもストレスの予防と解消の効果があります。

またウォーキングなどでは、その効果が余計に著しいのですが、その理由は景色の移り変わりを眺めながら移動することで、脳内に取り入れる情報が大きく拡張します。

その際、自分が何を見ているのか、どんな音が聞こえているのか、どんな身体感覚を体験しているのかなどということを、あえて言葉にしていくと、単にウォーキングという以上に、集中力を高め、能力を拡張させる瞑想効果もありますので、知っておいていただくと良いと思います。

ストレス解消と瞑想の関係については、また別の機会に詳説させていただきます。

次回は、ストレス解消に関する運動の心理学的な効果について、別の視点を提供させていただきます。



心匠 上野大照が心魂込めて書き上げた、8日間で貴方の人生を豊かで
愛情溢れる人生へと、力強く援助する無料メール講座です。

↓ご購読はこちらから↓

メルマガイメージ

ブログランキングに参加しております。

このサイトを応援して下さる方は、次の二つの画像をクリックお願い致します。

  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

コメントを残す