無料メール講座『貴方の人生を自由にする8つのステップ』

意識の覚醒が人生をしがらみから解放します。
8日間で貴方の人生を豊かで愛情溢れる人生へと、力強く援助する無料メール講座です。

↓ご購読はこちらから↓
メルマガバナー

ブログランキングに参加しております。

このサイトを応援して下さる方は、次の二つの画像をクリックお願い致します。

  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

子供のうつ病 家族(親)の注意点

子供のうつ

今回からは、家族のうつ病という視点で、人間関係問題に特化した心理カウンセラーだからこそという特徴を生かした記事を書かせていただこうと思います。

先ずは『子供のうつ病』についてです。

現代では、子どものうつ病は大人が思うよりも多く発生していることがわかってきています。

意外に多い子供のうつ病


欧米では、児童期(小学生)で0.5~2.5%。思春期(小学校高学年~17歳くらいまで)と青年期(14~25歳くらいまで)で共通して2.0~8.0%の有病率があると言われ、日本でも同様の発生があると言われています。

子どもの場合、摂食障害などのような、わかりやすい症状(身体愁訴)が見受けられない場合、うつ状態にあると理解されないままに進んでしまうこともあります。

子供のうつ病 有病率 見込みは1割


また、発達障害に隠れて見えなかったり、単に悩みとして扱われたり、暗い子どもというレッテルで済まされたりすることもありますから、潜在的に見ると1割以上いると考えても良いのではないかと予測しています。

成人を迎えるまでに、実質的に10人に一人はうつ病を患っている可能性があるということになりますので、少し大きく言い過ぎかもしれませんが、現代のストレス社会の下で育てられていることを考えれば、それくらいに見積もっていても良いのでしょうか。

これはとても大きな割合です。

その意味で私達は、先ず、意外に多くの子どもがうつ病の危険にさらされているのだと知っておく必要があると思います。

うつ病の一般知識


そして、基本的に子どもだからと言って、大人のうつ病と特別違うことはありません。原因も症状も似ているのです。
一般的なうつ病の特徴、原因と対策などはこちらの厚生労働省のホームページが参考になると思います。

知ることからはじめようみんなのメンタルヘルス「うつ病」(厚生労働省)

子供のうつ病特有の症状


しかし、やはり子どもは大人と違うところもあります。

その一つは症状の現れ方です。

言語力が未成熟


それはまだ言語力が未成熟な為、イライラ感や身体からのサイン(身体愁訴:摂食障害倦怠感、原因不明の腹痛頭痛など)で表現されることがあると共に、非行に走ることなどもそういった心理的なバランスをとっている場合があるように思います。また、行動的な表現として、引きこもり不登校などもうつ的なところから来る場合があります。

親はこの、『言語力が未成熟』という点を、よく理解しておく必要があります。

子ども側にしてみれば、「言うべきことはあるが、どう言っていいのかわからない」ということです。

表現できないことで起こる悪循環


表現方法がわからないところへ、更に親から「きちんと話さないとわからない!」などと叱られることによって、余計に言えなくなるなどの悪循環も起こり得ます。

子どもを一人の人格として尊重することはもちろん大切です。

大人(親)から子供への対応


思春期に入ってくると生意気なことも言い始めますし、見た目も大人になってきます。

だからと言ってまだまだ気持ちに対する表現力が低く、親が思う以上に子どもなところが残ってますから、その辺りは多めに見てあげて、言葉にしにくいこと等を受容してあげられたらと思います。

それができたら、親側から予測できることについて優しく尋ねてあげることもできるのではないでしょうか。

次回は、(主に思春期の)子供達が抱えているストレス社会について、実情を書かせていただきます。


★ ストレスによる症状全般についてのコラムはこちらをご覧下さい

★ 子供のうつ(ストレス)についてはこちらをご覧下さい

★ こちらも人気です⇒ ストレス心理学『ラザルス』によるストレス理論と対策

★ そもそもストレスって何?

★ 筆者 上野大照って?

★ 心理カウンセラー上野大照の最新コラムは、メルマガにてお受取り下さい。




心匠 上野大照が心魂込めて書き上げた、8日間で貴方の人生を豊かで
愛情溢れる人生へと、力強く援助する無料メール講座です。

↓ご購読はこちらから↓

メルマガイメージ

ブログランキングに参加しております。

このサイトを応援して下さる方は、次の二つの画像をクリックお願い致します。

  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

コメントを残す