無料メール講座『貴方の人生を自由にする8つのステップ』

意識の覚醒が人生をしがらみから解放します。
8日間で貴方の人生を豊かで愛情溢れる人生へと、力強く援助する無料メール講座です。

↓ご購読はこちらから↓
メルマガバナー

ブログランキングに参加しております。

このサイトを応援して下さる方は、次の二つの画像をクリックお願い致します。

  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

自分を知る為のただ一つの質問(心が開くカウンセリングの会話)

自分を知る質問はただ一つ

[自分を知る] ブログ村キーワード

前記事:自分がどうなりたいか(自分が存在する意味を知るロゴセラピー)

自分とは何者なのか。

このところは自分を探す旅として、コラムを更新し続けております。

今回は、筆者が心理カウンセリングをしている中で、クライアントの心が見えたように感じる瞬間

そこへ辿り着く際の質問を書かせていただこうと思います。

質問の価値


質問の持つ価値は心が自然に反応するところにある
そもそも質問とは何でしょうか。

質問とは、問いかけをすることで心の中を尋ねる作業です。

質問をすることで、心は何故かそれに応えたくなります。

その自然な反応が、自分の心の中にあるものを教えてくれるのです。

自分を知るただ一つの質問


心の殻が割れる瞬間


心理カウンセリングで心の殻を割る
心理カウンセリングをしていると、心の殻が割れ、その中身が出てきたような瞬間に出会うことがしばしばあります。

それにも種類がありますが、恐れ、悲劇的なもの、不安、怠慢などのものはまだ表層的で、より深層に近づいていくと、本当の望みのようなものが見えてきます。

それを知るための会話こそが、自分を知るただ一つの質問なのです。

自分を知る質問は心の奥へと続く道


自分を知る質問は心の奥へと続く道
筆者の心理カウンセリングでは、初めに問題の状況がどういうものなのか、そしてそれについて本人がどう思っているのか(捉えているのか)を聞いていきます。

しかしこれは、まだ自分を知っていただくための準備であり、その質問そのものではありません。

その質問へと近づいていくためには、心理的な準備があるのです。

その準備とは、問題状況を本人が自覚するところにあります。

問題だと感じている実際の場面で、本人がどういう状況にあるのか、自ら眺めていただくのです。

貴方はその状況の中で何をしているのか。

相手は居るのか。

共に何かしているのか。

そこにある感情は何か。

何を問題視しているのか。

こういった質問に答えていくことで、徐々に核心へと近づいていきます。

自分を知っていくカウンセリング


以前、カウンセリングをさせていただいた方にこんな話がありました。

分かり合えない悲しさ


相談者は30代の女性で、旧来の仲間と楽しく飲むはずの会に参加していたときのことです。

そこは数名の女子会。

参加していたのは昔から仲が良く、その時々の正直な気持ちを語り合ってきた大切な仲間達です。

しかし、その日は少し違いました。

結婚して少し経った彼女は、まだ結婚していない他のメンバーと、これから生きていく上で大切だと思っていることについて、話が割れてしまったのです。

こだわりたいからこそ別れる心


せっかく手に入れた新しい家族。

大切に関係を育てていきたい。

それは聞くところ、とても素敵な願いでした。

しかし、大切なものは家族だと主張する彼女に対し、他のメンバーは友達こそが大切だと言います。

話はこじれ、

「じゃあなんで今日来たの!?」

とまで言われてしまう始末。

混乱と悲しさで疎遠に


混乱と悲しさ。

彼女にとっては家族以外にただ一つだけの分かり合える仲間達でした。

それが、その日以来、何か話しにくくなってしまったということでした。

自分はこれからどうやって生きていけば良いのか。

もう仲間は失ってしまったのか。

私のもとを訪れたのは、そんな友達との人間関係に疲れ果ててしまったときでした。

本当はどうしたかったんですか?


「状況はよくわかりました。大変でしたね。それで、貴方は何を望んでたのか、改めて今聞かれたら、どう思いますか?」

これが私が彼女に贈った質問でした。

つまり、その場で期待していたことは何なのかということなのです。

家族を大切にしたい。

でも友達も大切にしたい。

当然のことだと思います。

もし、願うことができるなら、家族を大切にしたいという気持ちが強くなってきたこと自体を、友達に理解してほしかったということなのでしょう。

そのことを彼女に要約して伝え、改めて聞きました。

今からでもできること


自分を知る質問とは、自分の価値観を探る質問のこと
「それが素直な貴方の気持ちだと思うんです。だとすると、その為に今からでも友達にできることはありますか?」

少し間を置いて、彼女は答えました。

「結局、あのときまだ結婚したことのない友達たちのことを理解しようともせずに、とにかく家族が大切だって折れなかった私が問題だったんです。私の気持ちは理解してほしい。でもそれ以上に貴方達の考えを否定しようとしていた私が悪かったと謝ります。」

彼女には、自分が期待していたことを通じて、自分という存在が持っている価値観が見えてきたのです。

それは長いトンネルの先にある、光を見たような瞬間です。

起きたことは、価値観がより拡大したようなものでした。

私はそれを認め、とても素晴らしいことだと、決意と勇気を深く賞賛しました。

結局、彼女の友人関係は一時的な問題を乗り超え、以前よりも深く互いを認め合えるようになったそうです。

自分とは「価値観」


筆者が言いたかったには、

「深いレベルで望むものはなんだったのか。」

「多いに欲張って、あきらめないでも良いとしたら、何を望むのか。」

そういった本質的な願いをあぶり出す質問です。

価値観は期待によってあぶりだされる


望むこと ≒ 期待していること ≒ 自分の価値観

※「≒」という記号はニアイコールと言って、近いものという意味です

筆者は自分を知るということについて、結局のところ、自分の価値観を知るということだと捉えています。

苦しさを意識するだけでは、本当の意味での自分の持つ答えが見えてきません。

自分の持っている価値観は何なのか。

それは望むものを諦めないようにする質問をしてみることで、理解されてくるのではないかと思うのです。

それさえわかれば、その先にとる行動はわかってきます。

あとはブレずに本当の自分の気持ちに従って動けば良いのです。

できることなら、こういった質問は、誰か他人との対話を通じて、為されるのが良いと思います。

自分だけでは、悩みながらグルグルとネガティブな思いが巡ってしまい、思考の効率が悪いときがあるからです。

自分を知る為のただ一つの質問


自分を知れば見通しが開けてくる
自分を知る為のただ一つの質問

それは読者様が既に知っていたことかもしれません。

しかし、改めてそんなように考えてみていただければ幸いです。

自分が願っていることがわかれば、先の見通しはとたんに開けてくることがあるのです。

次の記事では、自分の心がわからなくなったときに読むコラムを書かせていただきました。

そういった方が近くにいらっしゃる方にもオススメの記事です。





☆ 心理カウンセラー上野大照の最新コラムは、メルマガにてお受取り下さい。


上野大照のメルマガ 人生を好転するこころの仕組み


★ 「自分がわからない」についてのその他のコラムはこちらをご覧下さい

★ 「精神的ストレス」全般についてのコラムはこちらをご覧下さい

★ そもそもストレスって何?

★ 筆者 上野大照って誰?



心匠 上野大照が心魂込めて書き上げた、8日間で貴方の人生を豊かで
愛情溢れる人生へと、力強く援助する無料メール講座です。

↓ご購読はこちらから↓

メルマガイメージ

ブログランキングに参加しております。

このサイトを応援して下さる方は、次の二つの画像をクリックお願い致します。

  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

コメントを残す