無料メール講座『貴方の人生を自由にする8つのステップ』

意識の覚醒が人生をしがらみから解放します。
8日間で貴方の人生を豊かで愛情溢れる人生へと、力強く援助する無料メール講座です。

↓ご購読はこちらから↓
メルマガバナー

ブログランキングに参加しております。

このサイトを応援して下さる方は、次の二つの画像をクリックお願い致します。

  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

本当の自分を知る方法(輪廻転生の新解釈)

本当の自分は輪廻転生で説明できる

[自分を知る] ブログ村キーワード

前回から少し間の空いた更新となってしまいましたが、本当の自分を知る為の知識について、今回は釈尊の言った輪廻転生についての新概念を書かせていただこうと思います。

これは前回書いた人間関係が性格をつくるということに通ずる内容です。

本当の自分って何?


本当の自分という点についてはこれまでもよく書いてきましたが、心理学的には結局のところ、実体がよくわかっていません。

それは本当の自分だと信じたい情報ばかりとなるだけで、実際的な自分の本体とは違う理論になりがちです。

では、本当の自分はないのでしょうか。

この点について、解説します。

輪廻転生の新解釈


釈尊(釈迦・ブッダ)の言葉に、輪廻転生(りんねてんしょう)という有名な言葉があります。

これは従来より、先祖代々引き継がれた日本の常識によって、人は前世・現世・来世と生命の旅を続けており、また、自分の生命といえども、それは先祖代々の生命の繋がりによって生まれたものであるという、魂の生まれ変わりと縁について言われているようです。

しかし、般若心経にある色即是空を重視する人たちは、これを別の解釈で教えてくれます。

輪廻・転・生


先ず、輪廻転生という言葉は、輪廻と転と生に分離させることができます。

輪廻とは、繰り返されている現象のことを指し、変化自分の生命(自分自身)を指すと言えます。

それをそのまま繋げて解釈すると、こうなります。

自分の変化は繰り返されているものによって決まる

これはどういうことでしょうか。

最大の輪廻は人間関係


人生にとって、現実的に一番繰り返されるのは、共に生きている人とのコミュニケーションです。

つまり、生まれ変わりとしての常識的な輪廻転生の概念ではなく、この人にとって普段繰り返されていることは何かという視点で、輪廻を意識するわけです。

たとえば、内心は嫌いだけど、便宜上一緒に暮らしている人とのコミュニケーションを例にしてみましょう。

本当の貴方は繰り返されている現実のことではない
その相手に自分はいつも馬鹿にされ続けているとすると、馬鹿にされるから焦りと不安が募り、余計に失敗する。そうやって失敗するから、更に相手は馬鹿にしてくる。

こういう関係が成立するかもしれません。

悪循環が繰り返されている例です。

これを回避しようと思えば、馬鹿にされたら自分も相手を馬鹿にしてみたりすれば良いのでしょうが、慣れ親しんだコミュニケーションは、たとえ苦痛であるとしても、変えるとリスクを伴いますから、そう簡単に変えられません。

これが長く続くことで、まるで自分は馬鹿であることが真実であるかのように思えてきてしまいます。

これは真実が馬鹿なのではなく、馬鹿だと扱われ続けたことで洗脳され、真実のように感じてしまうようになっただけなのだと言えます。

では本当の自分はどこに居るのでしょうか。

本当の自分(自分の真実)とはどこにあるのでしょうか。

本当の自分はわからない?


実はこの本当の自分については、最近の心理学ではわからないという意見が主流になってきています。

だとすると自分探しの旅はどうなってしまうのでしょうか。

迷宮入りすることしか、答えはないのでしょうか。

筆者はこれについて、自分なりの希望ある解釈を持っています。

それについて、また次回書かせていただこうと思います。




メルマガでは、より深く面白く、自分や心、人間関係という話題について大体毎日配信しております。どうぞご登録下さい。


☆ 心理カウンセラー上野大照の最新コラムは、メルマガにてお受取り下さい。


上野大照のメルマガ 人生を好転するこころの仕組み



★ 「自分がわからない」についてのその他のコラムはこちらをご覧下さい

★ 「精神的ストレス」全般についてのコラムはこちらをご覧下さい

★ そもそもストレスって何?

★ 筆者 上野大照って誰?



心匠 上野大照が心魂込めて書き上げた、8日間で貴方の人生を豊かで
愛情溢れる人生へと、力強く援助する無料メール講座です。

↓ご購読はこちらから↓

メルマガイメージ

ブログランキングに参加しております。

このサイトを応援して下さる方は、次の二つの画像をクリックお願い致します。

  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

コメントを残す